ホーム ≫ 新着情報・お知らせ

新着情報・お知らせ

得意なわり算の点数を超えた!!Hさんの珠算準2級合格かけ算点数UP特訓!!

6月検定が近づいてきました!

先日、検定受験予定の生徒さんに

宿題を渡すと、

「もう一枚多く出して!」

と、自分からすすんで伝えてくれ

とても嬉しかったです。

合格できるよう

残りの期間も引き続き

しっかり練習していきましょう!!

DSCN4392[1]

さて、今回は、

前回に引き続き

珠算準2級についてのお話です!

今回お話しするHさんは

検定本番でなんと!!

得意なわり算を超える点数を

かけ算でとってくれました!!

努力して手にした合格、

心よりおめでとうございます!!

<Hさんの状況>

・珠算準2級の練習をしている

・わり算が得意で9割~満点とることができる

・かけ算の点数が約7割

<Hさんのかけ算の点数の主な原因>

繰り返しはじき間違えてしまうような

気になる計算間違えは特にないが

かけ算を制限時間以内に

解き終わることができていなかった

<Hさんのかけ算点数UP合格特訓>

まずは、一度解いたことのある問題を

はじき慣れるくらい練習し、

それらを制限時間以内に解き終わることを

目標にしました。

3種類のかけ算問題をコピーしたプリントを

繰り返し計算練習してもらったのですが

その際、計算途中になるべく

はじく指を止めない練習をしました。

具体的に言うと、

計算して珠をはじいている間に

次にはじく数字を見ておくということです。

珠をはじきながら

次に計算する数字を見て

次の数字を見ながら

どんどんはじいていきます。

こうすることで

一度はじきはじめたら

一問計算し終わるまで

はじく手をほぼ止めることはありません。

Hさんは、次に計算する数字を見る時、

はじく指をとめてしまうことがよくありました。

一問ではわずかな時間の差かもしれませんが

数十問も解けば、短縮できた時間で

他の一問をはじくことができます。

このようにして

制限時間以内に解く問題数を

増やしていきました。

さらに、一回分ごとの小さな目標の決め方としては

前回解いた問題数より1問でも多く解く、

それが厳しいと感じる時には

前回解き終わった問題数+1問目を

解き始める所まではいくようにしました。

例えば、前回制限時間以内に

18問解き終わった所までいったとしたら

次回は19問目を解き始める所まではいくように

目標をたてて練習しました。

目標を達成した時の

嬉しそうな生徒さんの笑顔を見て

私もとても嬉しかったです。

DSCN4409[1]

(上記の画像は、実際にHさんが

 繰り返し練習に使っていたプリントです。)

その後、それら3種類のプリントを

どれも制限時間以内に全て解き終わり

点数も8割以上とれるようになったら、

今度は一度も解いたことのない

違う種類のプリントを

たくさん練習してもらいました。

それらも安定して点数がとれるようになったら、

あえて桁数の増える次の2級のかけ算を

制限時間以内に解くことを

引き続き意識して練習しました。

DSCN4393[1]

(左が準2級で、右が2級のかけ算です。)

その後、検定前に確認の為

再び準2級のプリントを解いてもらうと

計算するスピードも正答率も

かなりよくなっていました。

〈特訓の結果〉

検定本番で、かけ算の点数が

得意なわり算の点数を超えて

珠算準2級見事合格!!

今は珠算暗算共に2級合格目指して

練習を頑張っているHさん!

これからもたくさん練習して

どんどん合格を手にしていきましょう!!

18年06月19日

大分慶林館そろばん教室へのお問い合わせ

慶林館(学習塾)運営教室

大分慶林館そろばん教室

TEL : 0120-192-006

【電話受付時間】
火~金 14:00~22:00
土日 10:00~19:00

  • 個別指導の慶林館
  • 少人数制指導の高入研