ホーム ≫ 新着情報・お知らせ

新着情報・お知らせ

満点とって大喜び!!Jさんのかけ算合格特訓!!PART1

夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

お盆休みの間も

いつもと変わらず宿題を出した

慶林館そろばん教室です!

熱中症にならないよう、引き続き

暑さにお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて今回は、Jさんのかけ算特訓についてお話しします。

<Jさんの特訓前の状況>

・珠算7級の練習をしている

・かけ算の点数が5割~7割

<Jさんのかけ算の点数の原因>

X.答えに0をつけ忘れることがある

Y.計算途中、繰り上がった後に

  入れ始める位を間違えてしまうことがある

<Jさんのかけ算特訓>

今回は、原因Xについて

お話ししていきます。

(原因Yについては

 次回お話しします。)

まず、答えに0をつけ忘れてしまうという

原因Xについては、

主に2つのパターンがあります。

1つ目は

90×42や82×70など

かける印「×」の

前や後ろの数字の1の位に

「0」がある問題です。

2つ目は

84×95や98×65など

かける印「×」の

前と後ろの数字の1の位をかけると

「20」や「40」などとして

答えの1の位に「0」が出てくる問題です。

後者のパターンでは

特に「0」を付け忘れやすいので

注意が必要です。

はじめのうちは

前者、後者、どちらのパターンの問題も

答えに「0」をつけ忘れるのを防ぐため、

答えを書く時に

必ず問題をもう一度確認し、

「0」をつける癖をつけてもらいました。

練習するうちに

前者のパターンの問題では

「0」の付け忘れがなくなりました。

ところが

後者のパターンの問題では

まだ付け忘れてしまうことがありました。

そこで

後者に関しては、計算途中に

「10」「20」「30」「40」が出てきたら

「0」のところに

左手の人差し指を置くことにし、

答えを書く時には

その指の所まで0を書いてもらうことにしました。

例として98×65についてお話しします。

(例)

98×65

慶林館そろばん教室では

珠算7級の時に

この計算を下記の順番で計算していきます。

A.「98」をおく

B.8×6の「48」を

  Aでおいた「98」の「8」の

  すぐ右隣りから入れる

DSCN4506[1]

C.8×5の「40」を

  Bでおいた「48」の「8」

  の所からたす

  (この時、下記の画像のように

  「40」の「0」の所に

   左手の指を置く)

DSCN4511[1]

D.Aでおいた「98」の「8」をとる

DSCN4512[1]

E.9×6の「54」を

  Aでおいた「98」の「9」

  のすぐ右隣りからいれる

DSCN4513[1]

F.9×5の「45」を

  Eでたした「54」の「4」

  の所からたす

DSCN4514[1]

G.Aでおいた「98」の「9」をとる

A~Gをすると

答え「6370」になる。

原因Yと特訓の結果については

次回お話しします。

  

18年08月17日

大分慶林館そろばん教室へのお問い合わせ

慶林館(学習塾)運営教室

大分慶林館そろばん教室

TEL : 0120-192-006

【電話受付時間】
火~金 14:00~22:00
土日 10:00~19:00

  • 個別指導の慶林館
  • 少人数制指導の高入研